PROFILE


武馬 怜子 Buma Reiko

 

1980年11月 愛知県名古屋市生まれ。

2003年3月 中部大学卒業。

2005年7月 会社の新規事業プロジェクトとして、写真館を立ち上げることになる。

      専属カメラマンとなることになるが、松井久美子先生により徐々に写真に目覚める。

2009年3月 日本デザイナー芸術学院夜間部 卒業。

2009年5月 現代写真研究所フォトジャーナリスト科 所属。

      中村梧郎氏に師事。

      沖縄県辺野古、宮崎県と韓国で起きた口蹄疫の取材を行う。

2011年9月 フリーランスとして独立。選挙の取材を始める。

2012年3月 東日本大震災後の「最後の避難所」埼玉県加須市の騎西高校に残った双葉町民を取材。

2013年2月 新潟県「盲目の芸者」ごぜの取材

      その後、インドマニプール地方の舞踊「マニプリ」に興味を持ち、現地に足を運ぶ。

マニプールの首都、インパールで起きた第二次大戦で最も無謀な作戦「インパール作戦」の犠牲者の慰霊碑を見たことをきっかけに「インパール作戦」の生き残りに取材。

福島県双葉町、南相馬市の取材を行いながら、戦争の傷跡の取材を進める。

各地で相馬野馬追の写真展、福島第一原発事故の被害者たちの現状の取材を行う。

 

★得意分野は人物、ポートレート。報道写真、ルポ、エッセイの執筆。

★第15回上野彦馬賞、入賞。